• スズラン

    スズラン(鈴蘭)

    葉の脇から茎をのばし、鈴に似た白い花を咲かせます。
    見頃のピークが過ぎ、ただいま2分咲きです。
  • ハマナシ

    ハマナシ(浜梨)

    バラ科の落葉低木種です。 赤色の他に白色の花も咲きます。
    咲き始めました。ただいま2分咲きです。
  • クリンソウ

    クリンソウ(九輪草)

    日本で最も大きいサクラソウ科の植物。 茎を中心として円状に花がつきます。
    いまが見頃、8分咲きです。
  • クロユリ

    クロユリ(黒百合)

    下向きに黒い花を咲かせます。「帯広市の花」です。
    今年の見頃は終了しました。
  • センダイハギ

    センダイハギ(千代萩)

    葉は3個の小葉からなり、互生。 茎の先に蝶形の黄色い花を咲かせます。
    今年の見頃は終了しました。
  • ベニバナイチヤクソウ

    ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)

    鈴に似た桃色の花を下向きに咲かせます。
    いまが見頃、10分咲きです。
  • オオバナノエンレイソウ

    アヤメ(菖蒲)

    外側の花びらは垂れ下がり、 内側は大きく立ち上がります。
    いまが見頃、7分咲きです。
  • エゾカンゾウ

    エゾカンゾウ(蝦夷萱草)

    山吹色の花は朝に咲き、 夕方にしぼむ一日草です。
    いまが見頃、8分咲きです。
  • エゾノハナシノブ

    エゾノハナシノブ(蝦夷花忍)

    北海道特有のハナノシノブ。 青紫色の美しい花を咲かせます。
    今年の見頃は終了しました。

施設のご案内(2018年)

旭川-富良野-十勝を結ぶ北海道ガーデン街道の南端のこの地に、花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたいー。
100,000平方メートルの敷地に十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、
シラネアオイ)などが季節毎に花開き、庭の中にはクロアチアの古民家を移築した美術館が点在しています。

施設マップ

  • 受付

  • はらたかよし作品館

    はらたかよし作品館
    十勝山草会会長を務めた植物画家・原高義さんの版彩画を企画展示。
  • 坂本直行記念館

    坂本直行記念館
    十勝六花に代表される山野草の他、十勝の山々を集めました。
  • 百瀬智宏作品館

    百瀬智宏作品館
    洋画家・百瀬智宏が描いた十勝、中札内村の景色をお楽しみください。
  • 池田均作品館

    池田均作品館
    第2回「北の大地展ビエンナーレ」でグランプリを受賞した池田均の作品を企画展示。
  • 小川游作品館

    小川游作品館
    西洋絵画の伝統を踏襲する「一水会」の代表・小川游の作品を企画展示しています。
  • 花柄包装紙館

    花柄包装紙館
    坂本直行が描いた六花亭の花柄包装紙で壁面を埋めつくしました。
  • サイロ五十周年記念館

    サイロ五十周年記念館
    児童詩誌「サイロ」第1号から第600号の表紙絵を一面に飾りました。
  • 六’cafe(ロッカフェ)

    六カフェ
    お菓子、オリジナルグッズを販売するショップとカフェを併設。
  • 彫刻「考える人(ロダンから)」

    彫刻「考える人(ロダンから)」
    彫刻家・板東優による作品です。